台風4号 マンニィでマンライ!

Posted: 2007/07/16 カテゴリー: サーフィン
 
Day 1  
 
今年最初の台風での波乗りでしょうか?
木曜の日没近くからうねりが入り始めたようで金曜の朝イチには
P2でも頭近いうねりがヒット!
・・・しかし、地形が平坦な為かうねりの向きがあわないのか
ダンパーコンディション、一本だけバックサイドに乗って上がっちゃいました・・・
で、チーパーに移動すると沖には山ちゃんと辻ポンがいましたネ!
挨拶して状況を伺うと乗れる波が来ないよ~と嘆くお二人・・・
たしかにここもダンパーコンディションにはかわりなく、
南西うねりのはずなのになぜかチサン方向から
排水溝に向けてのグーフィーのが多く入ってくるようです。
P2よりは走れるフェイスがあり、距離は短いけど
かっ飛んで一発当て込むぐらいならやれましたから
良しとしてここで時間までやることに決定!
 
 
時間と共に段々とスウェルもアップ傾向!
排水溝に向けてのグーフィーが
何本かに一本は抜けれるようになって来ました。
チーパーローカルの成田さんのアウトから乗ったグーフィーは
自己満足ライド略してマンライの一本に!
 
8時頃になると太郎さんも登場!
ニューボードを引っさげ豪快なライドを繰り返し、
ボードの感触を確かめている様子です!
 
リミットの9時に一旦上がり、P2に戻るとたっちゃんが休憩してました。
今日の波は期待薄だが明日はリーフを狙うとの事!
わたくし目もお供させてくださいと桃太郎のおサル状態で
明日に期待を膨らませ仕事に行きました!
 
おまけで午後オンショアになったチーパーでA-shape6’6”で入水、
偶然にもA-shapeのシェイパー青井さんと会いました!
波は良くなかったけどショートでボトムターン出来て気持ちよかったっす!
 
 
Day2
 
午前4時半にたっちゃんの車の前で集合という約束で
自転車に板を積んだところでたっちゃんから携帯が鳴る。
 
「思ったよりサイズがないし、しかもオンショアが吹いてよくないよ~」とのこと。
 
台風は確実に近づいてきているものの少し九州の西に寄りすぎた感じか?
九州の陰に隠れてうねりが半減されてのかと想像もするが・・・
 
少しウェイティングしてビーチの状況を見て出動をかけることに決定し
いそいそと家に戻り、二度寝です。
 
7時ごろに再びたっちゃんから電話で先に行った俊の情報により
リーフは頭ぐらいで結構やれる状態になってると・・・
人は例のごとく百万人?状態らしいけど・・・
 
逡巡するもまだクローズしていないビーチをやらないのももったいないので
たっちゃんリーフ組には参加せず、ryo-maの台風の時のフェイバリットスポット
チーパーに突入することに決定です。

まずはソロエントリー!
 
 
海に到着すると朝イチとは違い、台風のグランドスウェルががっつり来ていますヨ~!
クソ下からチサンはかなりワイドででっかいのがぼんぼん入り、
強骨なローカルサーファーが2~3人入ってました。
 
でも、どう見ても抜けられるような波ではなくそこをスルーしてチーパーに到着!
チェックしてると見慣れたサーファーが上がってくる・・・岡ちゃんでした。
 
朝イチの2時間ほどを独りで波乗りしていた模様!
「インサイドで捕まっちゃいますよ~!」と言う割には満足げな笑顔でした!
きっとマンライのいい波をゲットしたんでしょうね!
 
沖を見るとロングが2本が出ていて、一人は山ちゃんでしたね~!
ボンガ6’10”じゃドルフィンきついかなぁとも思いましたが、
排水溝の右よりからゲットするとわりかしすんなり出れました。
 
沖に出て山ちゃんと挨拶、セットが来る!
何本かブレークパターンを慎重に観察して何本かに一本は
ゴルフ場のネットあたりから行けば抜けれそうな奴が来ることが分かる!
 
それらしきのが来たよ、来たよ~!
山ちゃんの奥から気合一発テイクオフ!
一瞬、板がトップで止まって最悪リップからダイブかと思いきや
フリーフォール状態でボトムへ降り、
トップターンを2~3発入れながらのいきなりのマンライ!
パドルバックする顔は、ニタニタ顔です!
山ちゃんにもよかったっすねぇと褒められ益々上機嫌!
オヤジははっきり言って調子に乗りやすいのです!(笑)
 
山ちゃんもロングでえぐいドロップを繰り返し、
ナイスライドを繰り返してましたね!
 
で、二人でやっていると
サイクルロードでチェックしていたサーファーがぽつぽつと仲間入り・・・
 
時間と共に確実にサイズはアップ傾向!
山ちゃんがレギュラー側に行き、ryo-maがグーフィー側にそれぞれ乗り込んで行くと
いきなり巨大なクロージーセットが菱沼海岸よりのレギュラーと排水溝側のグーフィーが繋がるように
入り、この日のビーチセッションは終了!
 
チーパーから帰ると、携帯にアニキからメール
「ビーナスに行きましょう!」と・・・岡ちゃんと会った時にそんな話をしたので
多分連絡が回っていた様子!で、五十嵐さん、コレちゃんも合流し
一路ビーナス前を目指し出発しました。
 
途中たっちゃんからのメールで大崎もいい波で楽しめたと連絡が入る。
七里ガ浜正面では8週ウェイティングがかけられた支部予選が行われていました・・・
鎌倉のマーちゃんがロングマスタークラスにエントリーしているはずなので、
またその模様を聞いてみようっと!
 
 
ビーナス前に着くと沖のブイの辺りからレギュラーウェイブが距離を出して割れていました!
人も台風スウェルでしか割れないようなポイントなので、そこそこ人を集めていましたが
激混みといった感じはないような気がしました。
 
速攻着替えてエントリー!
・・・が、ロウタイドの為稲村よりの階段からでは岩が出てしまい
かなりロックダンスを強いられそう。
駐車場入り口付近にある梯子から下のコンクリのたたきに降り
波が来たところで入水しパドルっていうのが一番楽そう。
・・・でも初めてエントリーは少しナーバスになります。
 
 
ひとりが降り、次の人がその人のボードをリーシュを持ち下に降ろし
受け取り入水という手順を繰り返し全員無事エントリー!
カブネのテトラから上がるよりは楽だったかなぁ?(笑)
何せビーチがホームですから
リーフエントリーは何処でも緊張しちゃいますね!
 
アウトに出ると来ますねぇ~!
セットのブレークポイントに何故だか定置網?のブイが邪魔してましたが
結構マッシーブレークなのでレイト気味でも大丈夫そうでしたね!
アニキがいい波をカットバックでスプレー飛ばしながら乗り込んでいくのを目撃!
岡ちゃんもダブルサイズの超ロングライドしてたと五十嵐さんが目撃したそうです。
そういう五十嵐さんも独特のハンドアクションで綺麗に乗りつないでいましたネ!
なぜかコレちゃんとは狙った波が違ったのかウェイティングポジションが違い、
上がるまで顔を合わさなかったっすね! 
ryo-maもマンライのなぜかレフトウェーブを何本かゲットし初ビーナスを堪能させてもらいました!
 
Day3
 
台風が本州南岸をなめるように北上!
ビーチは特大クローズオンショア状態でしたね!
が昼過ぎに一気に風がオフショアに変わり、ビーチはそれでもクローズのままだったようですね!
リーフは8~10フィートで、超エキスパートオンリーのセッションになったようですが・・・
(トルゥサーフボードの平野太郎さんのHPからの画像が下にあります。)
 
カブネと大崎が繋がるぐらいのセットだったようですね・・・その時の画像が見てみたいっすねぇ~!
ま、今日は昨日休んじゃったので昼からばっちり仕事をこなして明日の朝イチを狙います!
 
Day4
 
たっちゃんからの波情報メールで4時で「セット頭半・・・」
きっとコレはダブルオーバーだなぁと準備すると「サイズダウン、頭オーバー・・・」
まだ頭半は楽にあるなぁ・・・
たっちゃんメールはハワイアンのごとく小さく表示されるからね(笑)
 
第二Pに着くと、しんちゃんがひとりだけでパドルアウト!
後を追うように俊とその友達君も続く!
セットは頭半は楽にある!風もゆるいオフショアで面は鏡面仕上げ!
インサイドの繋がりが汐の加減で切れてくれれば今年一番の波になると確信する!
意外とファーストブレークはマッシー・・・
インサイド付近ではその分力を溜め込んだブレークを見せる!
はまると大変だな・・・こりゃ!
少しボンガを持ってきたことを後悔!
 
しばらく3人のライドをカメラに収めるべく岸からシュート!
俊が朝イチのオープニングウェイブを乗ったところを撮り、撮影を早くも切り上げ
パドルアウト!やっぱ波がいいと岸でのんびり撮影はできないです・・・
 
 
歩道橋前アウトサイドのレギュラーブレークがryo-maが台風の時に一番狙っている波!
インサイドで小屋前からグーフィーと繋がり、テイクオフは気持ち良いものの後が続かない!
ま、それでも時折くるセットに照準を合わせトロ厚く割れるファーストブレークを
ボンガ6’10”の浮力で面白いようにゲット!
こういうコンディションはこいつに限るね!
一旦上がらないければいけない時間になり、
小屋正面から割れるグーフィーのセットにテイクオフ!
しんちゃん、俊、村井君の前を通過しながら
今台風一番のマンライで上がること出来ました!
 
で、9時過ぎに戻り今度は20代後半に作ったドロップアウト
安部博シェープの6’8”セミガンを引っ張り出す!
この板はなぜか手放すことなく、ロングしかしなかった時期も
「またいつか乗ってやる」と手元にあり続けた板です。
 
3年ぐらい前からたまに乗ったりしていたんですが、
圧倒的に浮力が足りずまるっきり波乗りにならない悔しい思いと諦めが交錯する
オヤジサーファーのプライドを刺激する板なのです!
「今日こそ乗ってやるといや今日こそ乗れるはず!」だと
トランジッション系や少しボリュームのあるショートは克服していたので
コレを乗れて始めて真のクロスボーダーになれると
半ば妄想モード?オヤジ特有の自己陶酔型波乗りドラマに突入していきました(笑)
 
ちょっとレジェさんの文体を意識してみました(笑)
西浜物語
 
一本目、サイズが朝より上がってパワーも増した波にテイクオフ!
ふらつくこともなくしっかりとスタンドアップ。
ボトムターンもセミガンのそぎ落としたレールボリュームからか
反発も抵抗も感じずスムースに切れた!・・が、波がクローズ。
 
アニキがやばい波にレイトにドロップ!強靭な筋力を極限までに使い
フルスロットルでそのやばい奴を抜けようとする・・・うぉっ!抜ける寸前にリップが
アニキに襲い掛かる。吹っ飛ばされ方が半端じゃない。
でも、さすがサイボーグ、笑顔で水から顔を出しパドルバック!
頭の中のメモリーを取り出してパソコンに繋げれれば最高のショットだろうなぁ・・・と夢想。
 
次は俺だ!
 
テイクオフもそれほど遅いとは感じない!
スタンスも前足加重できている!
20代の頃のサーフィンを思い出そうとしたが
思い出せない・・・脳細胞は戻らないみたいだ!
 
残す課題はトップターンからの繋ぎで失速することなくラインを
切らずに乗り込めるかだ!
何度かパワーゾーンからはずれてしまい
後が続かないライドをしてしまう・・・
 
板に余計なボリュームがない分、板の浮力で誤魔化すライン取りは出来ない。
カールから外れないようタイトにターンを心がけ、トライ&エラー!
楽しいぞぉ~!狙った波に狙ったラインを取りたい!
はたから見ればオヤジが溺れるようなパドルとタコ踊りライドとかにしか
見えないだろうけど・・・いいのだ!フリーサーフィンはマンライあるのみ!
(あれっ、やっぱりryo-maの軽薄文体に戻っちゃった!)
 
インサイドどっかぽれブレークを抜け切った一本は
待望の今日2本目のマンライ!(笑)
そのマンライまでかかった時間は
夕方の5時過ぎだったから8時間かかりました・・・
 
3本目のマンライは2本目の直後、最後の一本で
ロングをよけてインサイドのクローズセクションに
当て込んだ一本でした。
 
浜に上がりその波を小屋で独り見ていてくれた
セイジさんに褒めらたもんだから
疲れもぶっ飛び久しぶりの充実感たっぷりのサーフィンになりました!
お世辞でも嬉しいっす!ありがと!セイジさん!
 
 
オヤジの10時間半にも及ぶ長~いサーフタイムは笑顔で無事終了!
自分のバカ体力とサーフジャンキーぶりに呆れつつも
すべてに感謝して〆のビールと我が家の得意料理の餃子で
ハッピー台風サーフィンを締めくくりました!
 
ありがとう!台風4号マンニィ!
 
マンニィでマンライ!おぉっ!ナイスなフレーズだぁ~!(爆)
 
ps・・・  
勿論この裏側の事実もよ~く認識しつつオ馬鹿ブログ綴っています。
でも・・・書くと嘘っぽくなるのでm(_ _)m
 
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中