全日本DAY3

Posted: 2009/09/03 カテゴリー: サーフィン
小室君も僕もそれまでの疲れがあったのか
4時に目が覚めず、30分ほど寝坊した・・・
 
それでも起きればてきぱきと海に行く支度をして
まだ2~3人しか入っていない海に飛び込んだ!
 
波も膝くらいと昨日よりダウンしているが、サンドバーはあるので
潮が上げ込んでくれば段々と波数は増えてくるだろう!
 
 
僕はQF(クオーターファイナル)の第4ヒートにクレジットされ
東京支部の田岡選手、湘南藤沢の来住野選手と
第1ラウンドを1位通過してきた有力選手とあたる!
 
ヒート開始のホーン同時に乗ったが、なにも出来ない波だった・・・
ヒート中に1~2回は入ってくる
コンビネーションが出来る腰サイズの波を掴まえたい!
 
来たっ!と思ったその波にレールをセットして
ノーズライドにステップしたが
ほんの一瞬「水が綺麗!」と思ってしまった・・・
 
と同時にレールが食い込んでワイプアウト!
なぜその時そんな集中を欠いた事を思ったのか?
結局この波が唯一のコンビネーション出来る波だった・・・
 
 
点数が伸びない当て込みのライドを重ねるだけで
マキシマム8本のうち7本乗ってしまい、
逆転にかけて1本の波も待ったが終了のホーンが
無情にも鳴り響いた・・・
 
結果6点台というコンビネーション出来ていないため
低い点数で3位敗退してしまった・・・
 
2位に入った来住野さんは10点台だったので
セミファイナルに入るベスト8になるには、当たり前だが
2位通過でさえ10点以上をこの波で叩き出さなければ
絶対に上がれない!
 
これが全日本の現実でそれが出せない者には
上がるチャンスはない!
至ってシンプルな現実がそこに当たり前にあった・・・
 
フロックや運が味方する余地はほんの僅かで
波周りやセットの波までも支配する有力選手達・・・
 
 

 

だが、この現実をこの全日本の場で知り得た事が
僕には大収穫ともいえる・・・
何が足りなくて、何が必要なのか?
何をすればベスト8になれるのか?
おぼろげながらこの敗退で掴んだ気がする・・・
 
全日本に来れたからわかった事があるのだ!
 
その後セミファイナルに入ったロングマスター達8人の
サーフィンは素晴らしいものだった!
 
誰が優勝してもおかしくないライドを繰り広げていた!
特に山崎市朗さんのセミファイナルは18点台という
ケリースレーター並みのエクセレントライドを見せた!
 

(つづく)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中