5’2”テストと津波警報発令

Posted: 2010/03/01 カテゴリー: ニュースと政治
前日よりガクッと落ちたスウェルだった為
日曜日という事もあってホームPには朝早くからたくさんのサーファーが
海に入っていた。
 
このサーファーがひしめく中でSUPで入るのはいささか気が引けるし
危険でもあるので、テストしなくてはいけない5’2”で入る事に!
 
 
パドルすると短いが浮力がたっぷりだから
スタンダードなサイズの板よりスイスイ進む!
いやぁ~~早いぞ・・・パドルが!
 
悪い板はこのパドルしている最中にぐらついたりして
身体を前後させ腹這う位置を直したくなるが、
これは身体に吸いつくようなパドル安定性がある!
乗れば間違いないとこの時点で確信した!
 
テイクオフ、滑り出しもファーストモデルの4’11”
とは比べようない速さがあり、ファットなボリュームと短さを生かし
軽快に波を刻める!
波も胸サイズのトロ厚めで途中フラットなセクションが
あってもレールを切り返しながらインサイドのショアまで持って行き
当てこめるし、そのまま何しなくても沈まず繋げる事も出来た。
 
ターンもスラッシュ系も小回りが利いてよく決まる。
難点を言えば、テールのレールボリュームがあるので
しっかりと抑えつけながらターンしないとレールがはじかれる事だ!
このあたりはレールの処理だけをすればもっとよくなるはずだ!
 
 
・・・とレスポンスの良さにうっとりと愉悦に耽っていると
防災無線が鳴り響く・・・
チリ地震の津波が到達するので海から上がれというアナウンスだ!
海の中ではすぐ放送と同時に海から上がる良識あるサーファーや
「まだ、到着するまで時間があるでしょう~~」っていう
危機感無しのサーファー(俺ね)「津波って乗れんのか?」という
大胆不敵な輩もいたりで、「実際どうなの~?」という雰囲気
になっていた!
 
それから何度なく防災無線がなるから
段々と海からサーファーも上がり出し、
僕も良識派を自認しているサーファーなので
おかみには逆らえないと判断し、とっと海から上がった!
 
家では娘が少し心配してたようで、「なにやってんの!」と怒られる。
 
で、高台から津波が来るのを見物するのもいいかと思ったが
何か不謹慎だし、自然を侮るととてつもないしっぺ返しが来る事を
承知している僕はPCのライブカメラで見る事に!
歩道橋の上には避難というより、見物する人が映し出されていた・・・
呑気なもんだ・・・(笑)
 
 
大騒ぎしたが行政の危機管理としては充分な対応だったのではと思う。
M8.6なら1mの津波とシュミレート出来ていたようだ。
わずか0.2でもエネルギーは2倍になるから結局M8.8での
シュミレート通りに警報を出したと新聞から知った。
 
備えあれば憂いなし!
自然災害には人間は無力だという事を肝に命ずる為にも
必要な1日だったかな・・・
 
ミニボードお薦めでっせ~~!荻野さ~~ん!渡辺さ~~ん!
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中