初サーフレッスン

Posted: 2010/08/17 カテゴリー: サーフィン
友達でBic Sports の代表であるウッツから
東京のサーフショップ経由でプライベートサーフレッスンの依頼があった・・・
 
サーフィン歴は4半世紀を超えるが、するのと教えるのは
別次元だと解っている。
そしてビギナーにギャランティーが発生した
レッスンを自分こなせるのか不安と躊躇いがあったが、
頼まれ事は出来うる限り引き受ける事にしているので、
やってみますと返事した!
 
辻堂の第一駐車場で待ち合わせの約束で、ウッツの手助けも受けながら
レッスンで使うボードから自転車までを手配してもらい
東京から来たオーバー50だが、テニスもするスポーツマンのアキさん
落ち合った!
 

 
この日(8月11日)の湘南は
台風4号が九州から日本海を抜けて行ったが
南シナ海に有った時のうねりが届き、前日よりサイズアップしていた!
 
初心者には目の前の辻堂ビーチには頭サイズの手強すぎる波で
サーフィンスクールの聖地である江ノ島の西浜も海水浴規制があるし
うねりを軽減するビーチは茅ケ崎のパー●ポイントだけだ!
 
自転車でパー●まで移動する間、昨日の内にまとめ上げた心得を
レクチャーしながら、安全と危険回避が大事と当たり前のことを
多分必死にたどたどしく伝えていたと思う・・・
 
ビーチはヘッドランド横に何組かのサーフィンスクールもいて
講師を務める方に挨拶しながら、その場所に混ぜて頂いた。
 
 
ゲティングアウト、パドル、波待ちの仕方、テイクオフ・・・
どれも必ず自力でやるべき事で、ただ後ろから押すだけでは
僕自身物足りないと考えていた為、レッスンの前半は
独力で何でもトライしてもらった。
 
波は腰サイズからそれ以上もどんどんと入るコンディションで
何度なく分厚いスープに翻弄され体力消耗して行ったアキさん。
 
一度水分補給を兼ねた休憩をはさみ、
一本も波を取れないままレッスンを終了してしまっては
サーフィンを諦めてしまいかねないと思い
後半戦は戦略を変更する事にした!
 
やはりサーフィンは乗ってなんぼだから、後ろから押して
どんどんテイクオフしてもらった!
素人の浅はかな拘りを恥じた。
サーフィンスクールってそういうのが大事なんだと痛感した・・・
 
ひっくり返る事もあったが、何本もテイクオフをコンプリートして
岸まで乗る事も数本あった・・・
 
時計を見ると約束の2時間は有に過ぎ、今日はここまでと
辻堂まで自転車で戻った・・・

 
ウッツ邸に戻ると、レジェさんが笑顔で今日のサーフレッスンの
締めくくりを撮影してくれた!感謝です!
 
アキさんも疲れていただろうが、
サーフィンの難しさに逆に挑戦する心が芽生えていたと思うのは
新米の講師の欲目かな?・・・(笑)
 
 
 
 
 
広告
コメント
  1. Mayumi より:

    サーフィンデビューに立ち会った彼がサーフィンの楽しみを知って続けてくれたら講師として最高ですね。おつかれさまでした。

  2. ryoma より:

    Mayumiさん励ましコメントありがとうございます!自分では何気にやっている事でもビギナーには解らない事だらけでそれを一度言語化して、相手に納得してもらうという作業を丹念に繰り返さなければいけませんから非常にもどかしく、自分の伝達能力の低さに泣きが入りました・・・(笑)しかし、その大変さも波を掴まえた時の笑顔を見れば吹き飛びますね!もっと僕も教える技術を磨こうと思います・・・って次があるかどうかは未定ですけどね(爆)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中