6月, 2011 のアーカイブ

東日本大震災Charity Surf Meet

Posted: 2011/06/27 カテゴリー: 未分類

スライドショーには JavaScript が必要です。


前日の予報では曇りのち雨でしたが、当日は真夏本番のような晴天に恵まれました。
波も前日からのオンショアの残り波と台風からのうねりも若干の反応があったのか?
昼前からオフショアに変わって、一日通して素晴らしいコンディションを鵠沼海岸という
日本一混むビーチでSUPの大会を出来た事にただただ感謝しております!

運営に当たってオーシャンズの梅沢正二郎さん、ビックスポーツ・ジャパンの内海隆さんの
ご尽力によって、僕が今まで経験した事の無い参加選手と運営の一体感のある素晴らしい大会となり改めて感謝いたします!

嬉しい事はモンランSUPを使ってくれるユーザー、ライダーが大会に挑みみんながそれぞれの結果を出してくれた事です!チーム戦だったら間違いなくチームモンランSUPが優勝でしょう!仲間に感謝です!

リザルトはあえて上げません・・・すべての参加した選手の勝利と言う事で!(笑)

チャリティーなので、参加した選手のエントリー費はすべて義捐金に廻ると言う事で
それもとても有意義で僕らの大会へのモチベーションを高めてくれます!

ただ勝つためだけのコンペではなく参加するだけで誰かの為になる事、素晴らしいです!
湘南の鵠沼だけでなく、これから行われる大会のすべてとは言わないまでも、何パーセントは
必ずこのチャリティーの部分を入れていく事は可能なはずで、イベントを自粛するより
チャリティーを絡めて被災していない地域はドンドンと盛り上がったイベントを興し、
たくさんお金を落とすべきだと考えています。

この素晴らしい大会を取り仕切った運営の皆様と参加した選手の皆様、スポンサードしてくれた関係各社の皆様、世界1混むビーチを解放してくれた鵠沼ローカルサーファーとビジターサーファーの皆様にも感謝いたします!

よ~~し!次は辻堂でやりましょう~~!

広告

SUPper’s Heaven on AIR SUP !

Posted: 2011/06/10 カテゴリー: 未分類

スライドショーには JavaScript が必要です。


supper’s heaven~夕食天国では無いです(笑)何んとなく自然発生的にSUP surfin’をする僕達が付けてしまった造語できっと英語的にもサーファー関係者的にもモノ申すと言われるかもしれません・・・でも、なんとなくそんなイメージって事で笑って許して!

最近FB上でSUPを愛好する仲間達でSUP連絡協議会なるものを立ち上げた!地元の海で増えるであろう新参のSUPが混雑する海の中で、既存のスポーツと上手く調和して、安全にルールやマナーを啓蒙しトラブルがないようにSUPを愛好するものがピースフルにマインド共有しましょうって趣旨のもので、ご近所に住み知り合ったプロロンガーのAさんと鵠沼の愛好家でローカルのTさんと僕とでSUPper’s Heaven Pointでインフレータブル(空気を入れて膨らませる)SUPボードの試乗も兼ねてのセッションをしました。
http://sw-players.com/?p=6843 プロロンガー有本圭さんのブログです!

海面はオンショアがさほど強くは無いものラフコンディション、まずは僕が乗ってみた・・・
普通のボードなら硬さがあるのでこれくらいのギャップなど突き進めるはずが、すべての波のギャップを10気圧に装填されてはいるものの柔らかくしなりまくるエアーボードは拾いまくる!

で、そのたびにスピードが落ちる、物凄い漕ぐ、揺れるを繰り返しながら談笑しながら20分程かかるポイントまでリラックスしてパドルするお二人の後ろを地獄の形相をしながら追いかけました(笑)
帰りは絶対このボードに乗らない為にぎりぎりまで引っ張ってバトンタッチする作戦をこの時すでに考えていたとは二人は知らないだろう(笑)

ポイントに着くと波は膝・・・オンショアにつぶされピークも判然としないが、さすがSUPper’s Heaven Pointこんなコンディションでも波乗りになっちゃうから素晴らしい!

僕もうねりを掴まえてAIR SUPでテイクオフ!意外と簡単にするするというか乗れちゃいました!100%空気の浮力体ボード故にうねり引っかかっていればパドルでしごくとするすると50m近くは乗れましたよ!

皆でボードを乗り換え、写真を撮ったり、沈したり、そのポイントを3人で独占してたんだよね~~考えてみたら!そんな奇蹟な時間を過ごせた事に感謝しつつ、ビーチに戻る体力を残しこのセッションの終了を告げた・・・

最後のローテーションで廻って来たKさん、僕の用意周到の策略で廻って来ていたとも知らずに20分の揺れ揺れクルージングの大役を引き受け無口のパドルをしていました・・・(笑)

その後Kさんはアポがある為、帰ったが僕とT君は黒門の裏にあるBlast Monkey Coffeeというおしゃれなカフェでhttp://www.blast-monkey.com/刺激的なエスプレッソとガムシロ入れなくても甘味のあるアイス珈琲を頂き今日の至福の時間を再度噛みしめました!感謝なのである!

週末はチャリティーイベントに

Posted: 2011/06/09 カテゴリー: Stand Up Paddle

土・日曜日に逗子海岸で逗子ビーチクラブ主催の福島の子供達を海遊びを通じで元気になってもらおうというイベントのお手伝いに行きました。
未だ復興のグランドデザインが出せない政府の対応に不満といら立ちを感じますが、今自分が出来る事は自問すれば被災地以外の場所でどんどんチャリティーイベントなりに参加し直接的間接的に復興へのお手伝いをするのがもっとも現実的な支援だと考える。
地域も盛り上がりながらじゃないと、息切れもするし後が続かないんじゃ話にならないと思う。

昼過ぎにこのイベントのお手伝いした後に、茅ヶ崎のJC主催のチャリティーイベント『茅ヶ崎リボン』にも自転車で行って来た!
会場は茅ヶ崎市役所の前の中央公園で、ライブありフラあり屋台も地域のお店が沢山出展し、美味しい食べ物もあってその中央には募金ブースもあっての理想的なイベントが行われていた!

茅ヶ崎市はこういったイベントを上手く立ち上げ、行政、民間を上手く橋渡しする事が出来る市だと思う。今後スポーツイベントも同じようにチャリティーを絡めながらやる事が多くなると思うし、僕の住む藤沢市も沢山の計画があると思うので、一市民としては出来る限り参加して被災地の為に微力ながら協力したいと思ってる!

辻堂の海浜公園なんて素晴らしい場所があるんだから、あそこで音楽イベントとスポーツイベントも同時に出来ると思うし、絶対やって欲しいよなぁ~~!

2011NSA茅ヶ崎支部予選

Posted: 2011/06/03 カテゴリー: 未分類

朝起きて薄暗い窓の外を見ると台風2号が太平洋南岸の梅雨前線を刺激し
雨が強弱を繰り返し降り続けている。

早く寝れたので集合時間の1時間半前に目が覚め、毎年「えっ?今日やるの~?予選会~!」言うパターンと違ってなんだかスムーズに準備して試合会場となるチサン船小屋前に着いた!

セット間隔は長いものの、ブレークすれば支部予選ではここ何年もなかったグッドコンディションと言える。どの選手より早く会場入りした僕が朝イチの練習ラウンドをしっかりとやれたことも珍しい!何年か前は自分のヒートに遅刻して3分前に飛び込んだ事さえある(笑)

A-shapeの関係者のテントにちゃっかりと椅子と荷物を置き、これから始まる大河君のヒートを一緒に見守る!
隣のB-ポイントでは、仲間のテルジ君も同じヒート時間となり両方をチェックしながらカメラを撮るという慌ただしさだった!二人ともしっかりと自分の波を掴み着実にスコアメイクしてラウンドアップしたようだ!

僕らオヤジロンガーのヒートはお昼近くになるというので、まぁもう一度練習してくるかと早朝練習でボードを足にヒットしてしまい屈伸できなくなっているタッチーの足の具合も確かめる為、クソ下よりで入った。

何んとか、踏ん張ると痛みが出るようだが、やれそうだったので一安心した・・・
でも、皮肉なもんで今日のヒート組ではロングシニア第1ヒートは横手さん、タッチー、僕という3人ヒートなのである。横手さんは去年河原子、一昨年伊勢と2年連続で代表であるので、優勝候補のひとりである。その3人の中で2人あがりなので、どうにもやりにくいったらありゃしない(笑)

ロングメンが第1ラウンドが終わり、遂に僕らのロングシニアの番だ!
試合終了前の3分前に海に入り終了ホーンの後すぐに僕らの開始ホーンが鳴る!
横手さん、会場に来て無いし・・・遅刻しちゃってるよ~~とタッチーがオープニングウェーブを乗っていく・・・ダッシュで浜を走ってきた赤ゼッケンの横手さん、パドルアウト!
間にあって良かったねぇと笑いながら3人で話すも俺まだ乗ってないのに気付く!

横手さんがタイミングばっちりのハング5から両手を広げての10までやっちゃってくれて、しかも僕の目の前でね!
僕も負けじと何本かノーズを決め、手応えはあったが誰が勝ったかは、アナウンスされるまでわからなかった!

結局ハング10をした横手さん9点台を出して1位アップ、なんとか僕が続いてタッチーがアウト!ごめんねぇ~と謝るが、去年は僕にタッチーが謝ってったっけ?

ファイナルは横手さん、太郎さん、山口さん、僕で全日本の切符2枚を争う!
波廻りがいいのか、いい場所でノーズを一本決めた。二本目は少し速い波だったが、今日はノーズへ足が出る!掘れた所でスピードが付いて本来ならすぐにステップバックだが、そのまま耐えてみたら思いっきりフィンがすっぽ抜けてワイプアウト・・・あちゃ~勿体無い事したと自分の頭をポカポカとぶちたかったが、そんな事はそぶりも見せずパドルバック!

で、セットが入った!周り誰もいないので僕乗りました!実際はそれセットだとはテルジ君に教えてもらったくらい記憶にない・・・一杯一杯ですよ!おじさんには(笑)

ノーズに足が掛ったか?覚えていないがスピードを殺さずにインサイドのショアまで繋げる・・・太郎さんは前のヒートでそのショアブレークにしっかり当て込んで岸を歩くくらいに攻めていた!もう、試合の鬼ですから!何ヵ月もサーフィンしてなくても一番恐ろしい方です!

僕はショアのスープをボードの下に入れるようにしてフィニッシュさせたが、「いやぁ、あそこで突っ込まなきゃっ」て皆に言われたが、出来ませんよ~(笑)怪我しそうじゃん!

コールを受けるとなんと僕が1位、太郎さん2位、横手さん3位、山口さん4位という結果であった。試合後、お互いに握手を求め、互いの健闘を讃えあう麗しい姿のオヤジ達!

ヒート終了間際に横手さんが乗りそうになった波を大外からブロックに行った事を試合後謝っておく!試合なんでしたくないけど、やらなくちゃならない事もあります・・・

これで全日本への切符は手に入れたわけだが、切符の代金を得る為のもうひとバトルを一番の強敵である嫁さんとマンオンマンで戦わないといけない!あ~~こっちも痺れる戦いです(笑)

支部の役員並びにジャッジの皆様、ポイントを開けてくれたローカルサーファーの皆様、応援してくれた皆様、雨の中本当にご苦労様でした!そしてありがとうございました!

スライドショーには JavaScript が必要です。

朝イチ頭サイズの波で1ラウンド、ホームポイントでこなしたが、てっきり台風2号からのうねりだと思っていた・・・実際は低気圧が抜けて入った南東うねりだった土曜日。逗子海岸でマニューバーさんがスターボード社のSUPボード試乗会を開催していた。

逗子海岸に到着したお昼には午前中はあったという波はあとかたもなく消え、オフショアがきつめのフラットコンディション・・・Wave系のボードが楽しめないなぁと思ったが、1番の目的はRace系ボードに乗る事だったのである。

スターボードの旗が立っているビーチには並べられた数々のサイズのボードと最新モデルのパドルなどが置かれていたが、人っ子一人いない・・・主催する側の人もいない無人状態であったが、しばらく眺めながら待っていると営業の大石さんがカップラーメン片手に東浜から歩いて来た。昼飯時に来てしまったわけだ・・・すみません~大石さん

挨拶やボードの説明もほどほどに受け、早速念願のレースボードに乗る!12’4″というレングスと波切って走る為の絞り込んだアウトライン、真四角なレールのお陰でパドルひと漕ぎですい~と滑走するスピード感が僕が今まで乗ったボードにはない感覚だ!ステップバックして小回りしたり、ノーズを上げてみたりするが、予想外の動きはなく安定したボードであると思った。
大石さんの説明によるとフラットウォーター用になるともっとカヌー系に近いデザインになりボードのボトムも船のようにドーム型になったりノーズやテールをもっと尖らしたデザインとなるようだが、この手のダウンウィンドもこなすボードは波に乗りながら走る事が想定されているのである程度のロッカーも付け、テール付近はエッジも立ててあった!値段的にもこなれていて15~6万だそうだ・・・ハイマテリアルボードになれば20万越しになるだろうが、一般ユーザーならそれはオーバースペックだからこのラインナップでのチョイスとなるだろう!

次なる試乗会で競合他社のレース系ボードも乗って比較してみれば、この手のボード特徴的なボードデザインが理解できると思うので、NALU SUP MEETを心待ちにしたいと思った!

オールラウンドタイプのボードも7ft台から9Ftまでのものを軽量カーボンボードも含めて乗らせて頂いた。どれもアウトラインは競合他社に比べてアウトラインもふっくら系なので極めて安定性が良い!これは僕がモンランでたどり着いた答えと同じでノーズの面積がボードのロールやピッチを抑える働きがあり、このデザインがユーザーフレンドリーなボードデザインだという事だ!ナッシュ社のトンガリ具合か?スターボード社のユーザーフレンドリー具合かは、それぞれの好みが分かれるところだと思うが、これはウィンドサーフィンのボード時代から両社に受け継がれているコンセプトだという事をウッツに聞き納得した!

波はフラットの為、波乗り時のボードのレスポンスは知り得ないが、きっと乗り易いものだと想像出来た!

午前中の波乗りも疲れもあって、大石さんが勧めてくれたO-reefでの小波サーフは諦め2時間程のトライアルライドを終えた。大石さん並びにマニューバーさんに感謝です!ちょくちょくやってください!お願いします!

昼前からメールと電話でやり取りしていた灯台のコアメンバーでもある安さんが、こちら湘南に震災後初めての波乗りに来る事になっていた。こちらに来る時あれば喜んでアテンドさせてもらって一緒に波乗りしたいと思っていたが・・・波は試乗会後通った鎌倉のリーフを見るとえっ~~というくらいの腰以下サイズ、ロングも乗れていない!ビーチだと多少は期待してみるが、人だけはなんだが一丁前で情けなくなるような波になっていた・・・

期待して来てくれた安さんに何とか湘南での震災復帰後サーフィンを楽しんでもらいたいと思案していると、やっぱりこりゃSUPだと確信してそれの手筈を整える為ウッツに電話すると快くビックスポーツ社製のSUPボードを貸し出してご自身の自宅で珈琲まで振舞ってくれた!持つべきものは友達である!このご恩は忘れませんよ!僕の信条は報恩と感謝なんでネ!(笑)

自分のSUPボードも取りに行ってウッツ邸のビックスポーツテストライドラボの艇庫の前で、有さんもいらっしゃって、モンランのブルーボードにフィンをセットアップしてた・・・(笑)会長そのボード売りもんで売れちゃったんですよ~と恐る恐る行ってみたけど、聞く耳は持ってくれずちゃんとフィンぐらいセットしとけよとまさかの駄目だしを喰らう(笑)まぁ、それは僕が乗って有さんにはマイボードに乗ってもらう事にして事を収め、ウッツ、安さん、有さん、僕とでフラットかショアブレークな波でSUPセッションを開始した!みんな子供のように割れない波を追っかけ楽しんでいる。安さんは3度目と聞くが安定した立ち姿漕ぎ姿で何本かのトライ後割れずらい波にもかかわらずサーフメイクしていた!有さんも鎌形堰での自主練習が効果を表して、もう立派なSUPPERと化していた。僕は途中抜け出して後にしたが、そのセッション後に予定されていたチャリスラ~飲み~フロッギーズとオヤジたちはますますヒートアップして、台風で刺激されたのは前線だけでないようだ(笑)その後の模様は西浜物語でフォローしてみてね!
http://wave-seeker.cocolog-nifty.com/