「未分類」カテゴリーのアーカイブ

澤穂希選手の日本人へのメッセージ

Posted: 2011/07/21 カテゴリー: 未分類

2011女子サッカーワールドカップ優勝 なでしこジャパン、女子サッカー日本代表キャプテン、澤穂希選手が、試合後に現地メディアのインタビューに答えた記事の日本語訳だ。こんな素晴らしいメッセージを何故かマスコミは伝えていない・・・涙が出て日本はまだまだ大丈夫と心が震えた!Facebookでもシェアしたが、マイブログでも伝えたい・・・

澤選手のコメント:
“We knew that what we were doing here could be about a little more than just a football tournament. If winning this makes one person, someone who lost something or someone or was hurt or damaged by the events that touched our country, feel better for even one moment, then we have really achieved a most special thing. If it makes everyone happy and joyful and gives them a reason to cheer after such difficult times, then we have been successful. Japan has been hurt and so many lives have been affected. We can not change that but Japan is coming back and this was our chance to represent our nation and show that we never stop working. This is like a dream to us and we hope our country shares it with us.”

「我々のしていることは、ただサッカーをするだけではないことを、意識してきた。

我々が勝つことにより、何かを失った人、誰かを失った人、怪我をした人、傷ついた人、彼らの気持ちが一瞬でも楽になってくれたら、私達は真に特別な事を成し遂げた事になる。

こんな辛い時期だからこそ、みんなに少しでも元気や喜びを与える事が出来たら、それこそが我々の成功となる。

日本は困難に立ち向かい、多くの人々の生活は困窮している。

我々は、それ自体を変えることは出来ないものの、日本は今復興を頑張っているのだから、そんな日本の代表として、復興を決して諦めない気持ちをプレイで見せたかった。

今日、我々にとってはまさに夢のようで有り、我々の国が我々と一緒に喜んでくれるとしたら幸いです」

広告

スライドショーには JavaScript が必要です。

2001年が第1回で茅ヶ崎のロングボーダーの親睦と競技人口のボトムアップを主旨にして始まり
何年か波不足と日程調整が付かず延期になったので、実際は第6回?第7回か?
その時と同じ場所の裏パークで10年目の節目の大会が開催された!

台風6号のワイドに入る湘南一帯でここ裏パークは沖にある烏帽子岩とTバーのお陰か
うねりが幾分押さえられ波がまとまり、風の影響も少ない・・・朝のうちは潮も多くブレークも
厚めながら、時折入るセットはこれから始まる大会でのグッドコンディションを約束してくれるもの
と確信した!

ここのブレークを心待ちにしている茅ヶ崎コアローカルも沢山いる中、支部開催とはいえ選手に
試合のヒート中ピークを4人貸し切りにして波乗り出来る幸せ、本当にローカルの皆様に感謝したい!

で、僕はアンダー52歳クラスとSUPクラスをダブルエントリーしているので、両ファイナルまで残れば
都合6ヒートxマックス7本=42本は乗れる計算・・・勿論勝てばの話だけど(笑)試合じゃなきゃ有り得ね~~!
ここでの試合をオーガナイズしてくれた支部役員の皆様、ジャッジの皆様にも大感謝です!

クラス分けは上がオーバー60歳、我らが佐野先輩と団塊世代のお笑いアイコン『辻ぽん』こと辻岡さんが
出場、ゴッデスの鈴木社長とショウゴさんもエントリーしている茅ヶ崎レジェンドクラスですね!
アンダー60歳は哉直さん、アンダー52歳はタッチーと僕、アンダー46歳はアラタ君と青井さん、アンダー38歳は
小室君で、SUPクラスは僕とタッチーでお互いWエントリーです。
参加人数も減少傾向ですが年齢分けを見ても若い世代がロングコンペに不足していますね・・・
まぁ、グロメッツはショートで沢山競技人口は茅ヶ崎はいるのですが、両方ともやる若手を増やして行きたいですね!

ロングはオヤジのサーフィンってのはいただけないし、クロスオーバー的にSUPもやるロングもやる若手が出てきてこそ、湘南コンペサーフィンのボトムアップになると思うので!

オヤジの熱い闘いはそれはそれで面白いんですが・・・(笑)
辻ぽん、佐野さんクラスのオーバー60、アンダー60は1ヒートのみなので、
2ラウンドやり4ウェーブの合計得点で順位決めするエディアイカウ方式?です。
さすがの鈴木社長は堂々の優勝、ご子息の剛プロがJPSA2戦連続優勝と快進撃中となり喜びも2倍だと思います!
で、準優勝は我らが佐野さん!モンランSUPも乗ってくださっていてサーフィン自体が若い!
また下津でご一緒させて下さい~!おめでとうございます!
哉直さんは3位で僕は優勝、アラタ君は4位、小室君は準優勝となりました!
残念ながらSUPクラスはタッチーイチコケ、僕セミ敗退でした・・・
SUP来年からNSAでも正式種目になるかもしれないので、更なるスキルアップを目指します!

それぞれの思いの中、無事に最高の天気と台風スウェルが入る湘南で多分どこよりも一番いい波で最高の試合になったと思いますが、関係各位に改めて感謝いたします!

また来年もこの素晴らしい大会に出れるよう精進してサーフィンに取り組みたいです!
辻ぽんは今回お笑いサーフィンが不発だったなぁ~!
あの腹に顔でも書いてゼッケンをぱっとめくって腹芸させながらライドさせれば
違った意味で優勝だったのになぁ・・・(笑)来年はそれで行こう!あっ怒った??結果より笑いでしょ~~!

スライドショー後半のサーフィン画像はチームホソイの落合滋さんの撮影によるものです!
落合さんのホームページから拝借させて頂きました。たくさんの撮影ご苦労様でした!大感謝です!

http://www.ochiai-ke.com/

大変残念なお知らせですが、この7月のオーダーを持ちまして海南島にあるモンランファクトリーが休止致します!

日本人の米川弘さんが海南島に渡り、苦労してサーフボードファクトリーを作り日本に居る僕達に格安で楽しい板を供給し続けて8年のも歳月が流れ、僕も3年前からご縁でその仲介販売と携わってきました。

ボスの一身上の都合ではありますが今回一旦工場の稼働とデリバリーを休止せざる得ない事、モンランをご愛顧頂いたユーザーの皆様には大変申し訳なく思ってます。

このモンランのお陰でたくさんのサーファーと繋がる事が出来ました!楽しい事も辛い事も経験させてもらいましたが、ボードの販売と言う事に不慣れで素人である僕をたくさんの友達やユーザーの方が支えてくれた事心から感謝いたします!

今後の予定は全く未定のままなのですが、きっとボスも疲れを癒し英気を養ったらボード作りをまたしたくなるかもしれません・・・再開できる日を僕自身モンランの最大のファンの一人であるのですが、心待ちにしています!

8月の下旬には全日本と言うアマチュア最大の大会があり、僕も茅ヶ崎支部ロングシニアクラス代表としてモンランのロングボードを引っ提げて正々堂々、力の限り闘ってくるつもりです!

東日本大震災Charity Surf Meet

Posted: 2011/06/27 カテゴリー: 未分類

スライドショーには JavaScript が必要です。


前日の予報では曇りのち雨でしたが、当日は真夏本番のような晴天に恵まれました。
波も前日からのオンショアの残り波と台風からのうねりも若干の反応があったのか?
昼前からオフショアに変わって、一日通して素晴らしいコンディションを鵠沼海岸という
日本一混むビーチでSUPの大会を出来た事にただただ感謝しております!

運営に当たってオーシャンズの梅沢正二郎さん、ビックスポーツ・ジャパンの内海隆さんの
ご尽力によって、僕が今まで経験した事の無い参加選手と運営の一体感のある素晴らしい大会となり改めて感謝いたします!

嬉しい事はモンランSUPを使ってくれるユーザー、ライダーが大会に挑みみんながそれぞれの結果を出してくれた事です!チーム戦だったら間違いなくチームモンランSUPが優勝でしょう!仲間に感謝です!

リザルトはあえて上げません・・・すべての参加した選手の勝利と言う事で!(笑)

チャリティーなので、参加した選手のエントリー費はすべて義捐金に廻ると言う事で
それもとても有意義で僕らの大会へのモチベーションを高めてくれます!

ただ勝つためだけのコンペではなく参加するだけで誰かの為になる事、素晴らしいです!
湘南の鵠沼だけでなく、これから行われる大会のすべてとは言わないまでも、何パーセントは
必ずこのチャリティーの部分を入れていく事は可能なはずで、イベントを自粛するより
チャリティーを絡めて被災していない地域はドンドンと盛り上がったイベントを興し、
たくさんお金を落とすべきだと考えています。

この素晴らしい大会を取り仕切った運営の皆様と参加した選手の皆様、スポンサードしてくれた関係各社の皆様、世界1混むビーチを解放してくれた鵠沼ローカルサーファーとビジターサーファーの皆様にも感謝いたします!

よ~~し!次は辻堂でやりましょう~~!

SUPper’s Heaven on AIR SUP !

Posted: 2011/06/10 カテゴリー: 未分類

スライドショーには JavaScript が必要です。


supper’s heaven~夕食天国では無いです(笑)何んとなく自然発生的にSUP surfin’をする僕達が付けてしまった造語できっと英語的にもサーファー関係者的にもモノ申すと言われるかもしれません・・・でも、なんとなくそんなイメージって事で笑って許して!

最近FB上でSUPを愛好する仲間達でSUP連絡協議会なるものを立ち上げた!地元の海で増えるであろう新参のSUPが混雑する海の中で、既存のスポーツと上手く調和して、安全にルールやマナーを啓蒙しトラブルがないようにSUPを愛好するものがピースフルにマインド共有しましょうって趣旨のもので、ご近所に住み知り合ったプロロンガーのAさんと鵠沼の愛好家でローカルのTさんと僕とでSUPper’s Heaven Pointでインフレータブル(空気を入れて膨らませる)SUPボードの試乗も兼ねてのセッションをしました。
http://sw-players.com/?p=6843 プロロンガー有本圭さんのブログです!

海面はオンショアがさほど強くは無いものラフコンディション、まずは僕が乗ってみた・・・
普通のボードなら硬さがあるのでこれくらいのギャップなど突き進めるはずが、すべての波のギャップを10気圧に装填されてはいるものの柔らかくしなりまくるエアーボードは拾いまくる!

で、そのたびにスピードが落ちる、物凄い漕ぐ、揺れるを繰り返しながら談笑しながら20分程かかるポイントまでリラックスしてパドルするお二人の後ろを地獄の形相をしながら追いかけました(笑)
帰りは絶対このボードに乗らない為にぎりぎりまで引っ張ってバトンタッチする作戦をこの時すでに考えていたとは二人は知らないだろう(笑)

ポイントに着くと波は膝・・・オンショアにつぶされピークも判然としないが、さすがSUPper’s Heaven Pointこんなコンディションでも波乗りになっちゃうから素晴らしい!

僕もうねりを掴まえてAIR SUPでテイクオフ!意外と簡単にするするというか乗れちゃいました!100%空気の浮力体ボード故にうねり引っかかっていればパドルでしごくとするすると50m近くは乗れましたよ!

皆でボードを乗り換え、写真を撮ったり、沈したり、そのポイントを3人で独占してたんだよね~~考えてみたら!そんな奇蹟な時間を過ごせた事に感謝しつつ、ビーチに戻る体力を残しこのセッションの終了を告げた・・・

最後のローテーションで廻って来たKさん、僕の用意周到の策略で廻って来ていたとも知らずに20分の揺れ揺れクルージングの大役を引き受け無口のパドルをしていました・・・(笑)

その後Kさんはアポがある為、帰ったが僕とT君は黒門の裏にあるBlast Monkey Coffeeというおしゃれなカフェでhttp://www.blast-monkey.com/刺激的なエスプレッソとガムシロ入れなくても甘味のあるアイス珈琲を頂き今日の至福の時間を再度噛みしめました!感謝なのである!

2011NSA茅ヶ崎支部予選

Posted: 2011/06/03 カテゴリー: 未分類

朝起きて薄暗い窓の外を見ると台風2号が太平洋南岸の梅雨前線を刺激し
雨が強弱を繰り返し降り続けている。

早く寝れたので集合時間の1時間半前に目が覚め、毎年「えっ?今日やるの~?予選会~!」言うパターンと違ってなんだかスムーズに準備して試合会場となるチサン船小屋前に着いた!

セット間隔は長いものの、ブレークすれば支部予選ではここ何年もなかったグッドコンディションと言える。どの選手より早く会場入りした僕が朝イチの練習ラウンドをしっかりとやれたことも珍しい!何年か前は自分のヒートに遅刻して3分前に飛び込んだ事さえある(笑)

A-shapeの関係者のテントにちゃっかりと椅子と荷物を置き、これから始まる大河君のヒートを一緒に見守る!
隣のB-ポイントでは、仲間のテルジ君も同じヒート時間となり両方をチェックしながらカメラを撮るという慌ただしさだった!二人ともしっかりと自分の波を掴み着実にスコアメイクしてラウンドアップしたようだ!

僕らオヤジロンガーのヒートはお昼近くになるというので、まぁもう一度練習してくるかと早朝練習でボードを足にヒットしてしまい屈伸できなくなっているタッチーの足の具合も確かめる為、クソ下よりで入った。

何んとか、踏ん張ると痛みが出るようだが、やれそうだったので一安心した・・・
でも、皮肉なもんで今日のヒート組ではロングシニア第1ヒートは横手さん、タッチー、僕という3人ヒートなのである。横手さんは去年河原子、一昨年伊勢と2年連続で代表であるので、優勝候補のひとりである。その3人の中で2人あがりなので、どうにもやりにくいったらありゃしない(笑)

ロングメンが第1ラウンドが終わり、遂に僕らのロングシニアの番だ!
試合終了前の3分前に海に入り終了ホーンの後すぐに僕らの開始ホーンが鳴る!
横手さん、会場に来て無いし・・・遅刻しちゃってるよ~~とタッチーがオープニングウェーブを乗っていく・・・ダッシュで浜を走ってきた赤ゼッケンの横手さん、パドルアウト!
間にあって良かったねぇと笑いながら3人で話すも俺まだ乗ってないのに気付く!

横手さんがタイミングばっちりのハング5から両手を広げての10までやっちゃってくれて、しかも僕の目の前でね!
僕も負けじと何本かノーズを決め、手応えはあったが誰が勝ったかは、アナウンスされるまでわからなかった!

結局ハング10をした横手さん9点台を出して1位アップ、なんとか僕が続いてタッチーがアウト!ごめんねぇ~と謝るが、去年は僕にタッチーが謝ってったっけ?

ファイナルは横手さん、太郎さん、山口さん、僕で全日本の切符2枚を争う!
波廻りがいいのか、いい場所でノーズを一本決めた。二本目は少し速い波だったが、今日はノーズへ足が出る!掘れた所でスピードが付いて本来ならすぐにステップバックだが、そのまま耐えてみたら思いっきりフィンがすっぽ抜けてワイプアウト・・・あちゃ~勿体無い事したと自分の頭をポカポカとぶちたかったが、そんな事はそぶりも見せずパドルバック!

で、セットが入った!周り誰もいないので僕乗りました!実際はそれセットだとはテルジ君に教えてもらったくらい記憶にない・・・一杯一杯ですよ!おじさんには(笑)

ノーズに足が掛ったか?覚えていないがスピードを殺さずにインサイドのショアまで繋げる・・・太郎さんは前のヒートでそのショアブレークにしっかり当て込んで岸を歩くくらいに攻めていた!もう、試合の鬼ですから!何ヵ月もサーフィンしてなくても一番恐ろしい方です!

僕はショアのスープをボードの下に入れるようにしてフィニッシュさせたが、「いやぁ、あそこで突っ込まなきゃっ」て皆に言われたが、出来ませんよ~(笑)怪我しそうじゃん!

コールを受けるとなんと僕が1位、太郎さん2位、横手さん3位、山口さん4位という結果であった。試合後、お互いに握手を求め、互いの健闘を讃えあう麗しい姿のオヤジ達!

ヒート終了間際に横手さんが乗りそうになった波を大外からブロックに行った事を試合後謝っておく!試合なんでしたくないけど、やらなくちゃならない事もあります・・・

これで全日本への切符は手に入れたわけだが、切符の代金を得る為のもうひとバトルを一番の強敵である嫁さんとマンオンマンで戦わないといけない!あ~~こっちも痺れる戦いです(笑)

支部の役員並びにジャッジの皆様、ポイントを開けてくれたローカルサーファーの皆様、応援してくれた皆様、雨の中本当にご苦労様でした!そしてありがとうございました!

OCEAN BLUE DAY

Posted: 2011/04/21 カテゴリー: 未分類

日本サーフィン連絡協議会では、「東日本大震災」による数多くの犠牲者を追悼し、また一日も早い被災地の復興を願って、次のような追悼セレモニー『OCEAN BLUE DAY』(以下OBD)を開催いたします。

開催日時:2011年4月24日(日) 午後2時46分から

すべてのサーファーの心がひとつになり、被災地を除く日本全国のサーフポイントのビーチにおいて、水による災害としては日本の歴史上最大の人数となった東日本大震災の犠牲者のご冥福をお祈りし、また、一日も早い被災者の生活再建と被災地の復興が進むことを心から願って、「東北地方太平洋沖地震」が発生した午後2時46分からの1分間、海に向かって全員で黙とうを捧げます。また、当日仕事や都合により、どうしても海に来られない方も、この時刻になりましたら、心をひとつにして海の方向に向かって黙とうを捧げて下さい。

なお、当日の進行役は特に決めておりません。各地サーフショップ・サーフチーム単位、また個人での追悼セレモニーを計画していただきたく思います。セレモニー場所が決定したポイントでは、NSAの各支部、JPSA・ASP所属プロサーファー、JPBAプロボディボーダー、サーフライダーファンデーションの会員などが中心となって、ポイントごとの黙とうを円滑に進めるとともに、その後のイベント、例えばビーチクリーンや募金活動などをご参加の皆さまに促しますので、合わせてご協力下さるよう宜しくお願いいたします。

我がホームポイントでも特別なイベント、募金などはいたしませんが、その時間海の上かビーチに集まった仲間で被災地に向け心を一つにして黙祷したいと思いますので、集まれる方は当日お会いしましょう!